若々しさを保つために食生活で気を付けるべきこととは?

若々しさを保つために食生活で気を付けるべきこととは?

いつまでも若々しく美しくいたい!こんな願いを叶えるために一番気を付けるべきことは、日ごろの食生活です。

 

 

毎日の行動だからこそ、少し意識を変えて、気を付けてみるだけで数年後の自分の体を変えていくことが出来ますよ。ここではどんなことに注意して食事をとればいいのかご紹介します。

 

 

まずは基本中の基本、食べる順番を気を付けることです。食べ順ダイエットが少し前にはやりましたが、これは減量だけでなく老化防止にも効果があることなのです。血糖値の急上昇を防ぐためにが上がらないよう食物繊維→タンパク質→炭水化物という順番で食べることを意識してください。また食物繊維の多い食品を食べることは唾液の分泌増加につながり、満腹感を得やすなり、さらには便秘の解消にも効果的です。

 

 

次に積極的にオリーブオイルを摂取することをお勧めします。善玉コレステロールが増え、腸の中で栄養素の吸収を促進する効果があり、特にエクストラバージンオイルには強力な抗炎症の効果があります。特売品などの値段が安すぎるオイルは質があまり良くありませんので、投資だと思って、少し値の張るものを買いましょう。

 

 

積極的に取るべき食材は納豆や豆乳、そして小魚などです。女性ホルモンと同じ働きをする大豆イソフラボンがたっぷりの納豆や豆乳を摂取することで、更年期障害や骨の老化につながる活性酸素が取り除かれます。魚には血液を守るエイコサペンタエン酸、脳の機能を維持や目の健康を守るドコサヘキサエン酸が含まれていますが、特に小魚は魚全体を丸ごと食べることが出来るので栄養効果も高いと言えます。

 

 

最後になりますが、食品の組み合わせにも気を配ってみましょう。消化のされにくい肉や魚や穀類を食べるときは意識して野菜や果物と組み合わせてください。食べ物が消化されやすくなって内臓への負担が緩和されます。忙しくて、ついついパスタだけ、丼ものだけで済ませたくなる日も、コンビニのサラダやカットフルーツを組み合わせるだけで、体にグッと優しい食事になりますよ。